古くなった自宅の外壁塗装で苦労しました

家族でも意見が分かれ塗料選びは難航

最初は簡単だと高をくくっていましたが、いざ実際に始めてみるとハードルの連続です。
コスト重視派は単価が手頃なアクリル塗装を求め、逆にコスト度外視派はフッ素で塗り直すという構図です。
自分はどちらでもなく、バランスを重視してウレタンかシリコンを提案しました。
ウレタンは防水性を備える塗料で、外壁塗装において割とポピュラーなものです。
仕上がりは施工の丁寧さにもよりますが、信頼できる業者に任せれば大丈夫だと考えました。
シリコンは耐久性重視で10年以上持ちますし、こちらも定番なので実績が豊富だと家族に説明しました。
分かりやすく説明したにも関わらず、家族の意見は大きく真っ二つに割れ、落とし所が見つからない泥沼になりました。
誰かが口を開けばもう一方が反論を始め、メリットばかりを主張し合うので話が噛み合わない状況です。
相手の提案の批判にも抜かりはなく、自分の主張を押し通す為に口撃する感じです。
この状況が続けば家庭崩壊に繋がりかねないと危機感を覚え、取り敢えず話し合いは次回に持ち越し、距離を置くように仕向けました。
外壁塗装の話題さえでなければ仲の良い家族ですが、この問題だけは何故か言い合いがエスカレートして、険悪な雰囲気になります。
話し合いを再開しても同じ状況になるだけだと思い、自分の中で強い発言権を持つ人に一任するのが良いとの結論に至りました。

自宅の外壁塗装を考え塗料選びに悩む / 家族でも意見が分かれ塗料選びは難航 / 業者選びはスムーズで皆良い仕上がりに満足